住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
フラット35は借り換えでも利用できる



現在ではフラット35が借り換えでも利用できますが、実は、いまフラット35で借りている人も、要件を満たせば、再度「フラット35」で借り換えることができます。

意外と知られていないようですが、この「フラット35」→「フラット35」という借り換えができれば、固定金利の安心感を残したままで返済の負担が軽減されることになります。

一定の優良住宅向けの優遇制度である「フラット35S」(=当初一定期間の金利が引き下げられる制度)は借り換えでは利用できません。現在この制度の適用を受けている人は、借り換えの効果を確認し、フラット35の取扱い機関に相談してシミュレーションを行ってもらうなどした上で、判断ください。

なお、現在フラット35を借りている人は、「適合証明書」の代わりに、フラット35のホームページからダウンロードした「借換対象住宅に関する確認書」を提出すれば済みますので、通常は2万円〜3万円程度かかる検査費用も不要です。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2020年1月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP