住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
住宅ローン控除は借り換え後も継続可能



借り換えで利用する住宅ローンが「返済期間10年以上」などの要件を満たせば、借り換え後も残りの期間にわたって、住宅ローン控除という減税が受けられます。

ただし、借り換えに当たって、住宅ローンの借入比率を変更する場合などは注意が必要です。

たとえば、現在は夫婦の収入合算で借りていて、住宅を共有名義にしている場合、借り換え後のローンを夫が単独で(収入合算せずに)借りると、妻の住宅ローンはなくなってしまい、妻は控除が受けられなくなります。

また、夫の控除額も建物の持分割合の影響を受けますので、所得税等を多く納めている場合でも、「ローンの年末残高×1%など」の減税がまるまる受けられるとは限りません。

逆に、夫が単独で借りているローンを、借り換えの際に夫婦の収入合算で借りる場合も、妻は途中からローン控除を受けることができませんので、ご注意ください。

なお、諸費用を含めて借り換える(ローン残高が増える)場合には、借り換え前の住宅ローンの残高が控除額を計算する際の限度額となる点も理解しておきましょう。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP