住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
長期金利に肱べると変動金利の上昇リスクは少ない



変動金利型ローンの金利のべースとなるのが「短期プライムレー卜」。現在は1.475%で設定する金融機関が多くなっています。

これに1%を上乗せして、変動金利型の「基準金利」が決まるのが、一般的な変動金利型ローンの原則です。

この短期プライムレートの指標が、日銀の決定する「政策金利」です。

かつては「公定歩合」がその代表でしたが、昨今では「無担保コール翌日もの」に変わっています。

ご承知のように、日本の政策金利は「ゼロ金利」の状態が続いていますが、国債などの債券価格から算出される(つまり、金融マーケットが金利水準を決める)長期金利と、日銀がコントロールして決定する短期金利は、同じように動くわけではありません。

日本を取り巻く状況から判断する限り、長期金利よりも、短期金利のほうが当面の金利上昇リスクは少ないという見方は多く、筆者もそのように考えます。

その点からすると、変動金利型ローンの金利上昇リスクは少ないと言えそうですが、仮に数年間、この超低金利が続いたとしても、住宅ローンの返済期間と比べれば短い期間です。返済期間が長期にわたるほど金利上昇リスクも高まるという点は理解しておくべきでしょう。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP