住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
10年固定のメリット・デメリット



固定金利選択型ローン(10年固定)のメリットとしては、以下の点が挙げられます。

・世の中の金利が上がっても、10年問、ローン金利は上がらない

・団体信用生命保険料が金利に含まれているため、フラット35と比べると実質金利は割安


一方、留意点として、次のことも理解しておかなげればなりません。

・11年目以降は金利上昇リスクがある

・タイプによっても異なるが、当初10年間と比べて、11年目以降の金利優遇が少ない


昨今では、非常に魅力的な水準で「10年固定」の金利が設定されているケースもありますので、どの金利タイプの住宅ローンがよいか迷うことが多いでしょう。

その判断の参考としていただくために、「11年目以降の変動金利型がほぼ1%以内」に収まるのであれば、フラット35よりも「10年固定」のほうが有利だと言えます。

このような数値も参考にして判断することをおすすめします。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP