住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
固定金利選択型ローン(10年固定)は0.5%台も



初心者に人気の「フラット35」ですが、マイホームによってはこのローンが利用できないケースもあります。

しかし、ご安心ください。金利か下がっているのはフラット35だけではありません。

一部の金融機関では、フラット35より低い実質金利で「全期間固定金利型」の住宅ローンを取り扱っているところもあります。

また、多くの金融機関が主力商品の1つとして位置づけている「固定金利選択型ローン」のうち、「10年固定」と総称されるタイプでも、やはり過去最低水準の金利が設定されています。

現在では1%前後の優遇金利を提示する金融機関も多く、なかには0.5%台での金利設定も見られます。保証料を含めても1%台半ばの実質金利は珍しくありません。

このローンは、変動金利型をベースとし、5年や10年など一定期間の金利を固定にするという仕組みですので、当初の低い金利水準と、固定金利期間中の安心感を兼ね備えています。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年11月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP