住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
1,000万円当たり20万円程度の諸費用



借り換えには一定の費用が必要になります。

一度住宅ローンの借り入れを経験されているわけですから、ある程度頭に入っているでしょうが、改めてどんな費用がどれくらいかかるのかを整理しておきましょう。

まず、事務手数料がかかりますが、これは通常3万1,500円から5万2,500円程度です。

次に契約時の印紙税がかかります。借入額が1,000万円超5,000万円以下なら2万円になります。

金融機関が変わるわけですから、新たに抵当権の設定費用が必要になります。

登録免許税や司法書士への報酬が必要で、金額にもよりますが十数万円から20万円程度をみておけばいいでしょう。

一番大きいのは保証料です。これは返済期間によって変わってきます。

30年返済だと1,000万円あたり19万円ほど。

3,000万円だとその三倍になります。

ただ、この保証料は払うだけではなく、いまのローンの残りの返済期間が長い場合には、一括返済することによって、すでに支払っている保証料の一部が返還されます。

どのくらいの保証料が必要になり、どの程度返ってくるのかを確認して、必要な費用を見積もっておきましょう。

さらに、火災保険に入る必要もあります。建物の構造、保険期間などによって変わりますが、たとえば、マンションの場合だと保険金額1,000万円、保険期間10年で4万5,200円ほど。保険金額が2,000万円なら、その二倍になります。

なお保証料を負担に感じる方は新生銀行のように保証料がかからない住宅ローンを利用するのも手です。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP