住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
条件変更という手も知っておく



繰り上げ返済を行って、少しでも返済期間を短くしておいたほうがよいケースも、もちろんあります。

とくに、返済終了時の年齢が65歳を超えているような場合には、長くても65歳程度にまで短縮しておくべきでしょう。

しかし、手持ち資金がないから繰り上げができない、という人もいらっしゃるかもしれません。

たとえば子どもの教育費の負担がようやく終わり、家計も少しはラクになったけれど、手持ちの資金は底をついてしまった、というようなケースもこれに該当するでしょう。

このような場合は、繰り上げ返済の資金が貯まるのを待つのではなく、ローンの「条件変更」という制度のうち、「返済期間の短縮」を活用して、返済期間を短くする方法が考えられます。

返済額が変わる場合は再度審査が行われ、できるかどうかはその結果しだいですが、借入時よりも収入が減った場合などを除けば、利用できる可能性は高いでしょう。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP