住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
借り換えこそ最優先に考えるべき



一部繰り上げ返済には、「期間短縮型」と、「返済額軽減型」の2つの方法があり、いずれかの方法で内入れを行うことが可能です。

どちらの方法を選ぶにせよ、同じローンなのですから、結論は、2種類の繰り上げ返済の方法に損得はないという答えになります。つまり、返済期間が長すぎる人は短くして、返済額が多くて苦しい場合は減らすという選択でよいのです。

ただし、変動金利型や固定金利選択型で借りている場合であれば、将来的な金利上昇リスクに少しでも対処しておくために、期間短縮型の一部繰り上げ返済を行うことによって返済期間を短くする、という発想は理にかなっています。

とはいえ、金利が上昇すれば、物価も上がっているでしょうから、「10年固定」を例に挙げれば、金利が固定されている10年以内に金利上昇&物価上昇が起こったほうが、住宅ローンという「借金」の価値は目減りしてくれますので、こちらのほうがありがたいかもしれません。

また、変動金利型にしても、現在の「ゼロ%台」の適用金利は預貯金金利とのスプレッドがわずか1%未満ですので、多少の物価上昇であれば対応も可能でしょう。むしろ景気が好転して給与が増える一方で、ローンの返済負担は目減りしてラクになることもあり得ます。

なにより、固定金利選択型ローンなどで繰り上げ返済の手数料が2〜3万円かかるような場合は、最悪数年分の利息軽減額が吹っ飛んでしまいます。

最終的な結論としては、繰り上げ返済か有効なのは、金利の高い「悪いローン」を借りている場合です。

しかしそうであれば、もっと有効な「借り換え」こそ最優先に考えるべきです。あくまでも繰り上げ返済は「バンカーショット」であって、借り換えができない人にとっての「次善の策」だということを理解しておいてください。

いまの時代に繰り上げ返済を行うべきなのは、収入基準など審査の関係上、やむを得ず長い返済期間を利用するしかなかった場合などが中心でしょう。

むしろ、繰り上げ返済などしなくてすむような、すばらしい資金計画で借り換えができることを目指してください。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP