住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
金利優遇キャンペーンをフルに活用する



最近ではほとんどの金融機関が優遇金利制度を実施しています。

よほどの事情がない限り、店頭表示金利でローンを借りる人はいないといわれるほどです。

そんな状況ですから、優遇金利制度の適用条件はそれほどむずかしいものではありません。

給与振込を利用する、公共料金の引き落としを行う、所定のカード会員やその金融機関の会員制度などに加入することなどが主な条件のようです。

いまは条件を満たしていなくても、申込みまでに手続きを終えれば優遇金利が適用されるので問題はありません。

では、優遇金利を利用すればどれくらい負担が軽減されるのでしょうか。借入額3000万円で、35年の元利均等返済を利用するケースでみてみます。

たとえば、店頭表示金利が2.5%の場合だと、返済額は10万7,247円ですが、これが1.25%優遇されて1.25%になると8万8,225円にダウンします。年間約23万円も支払額を減らすことができる計算です。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP