住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
まずは民間金融機関のローンの概要をチェック



では、実際にどんな金融機関のどんなローンを利用できるのでしょうか。

まずは、民間金融機関の住宅ローンの概要を整理しておきましょう。

第一には、利用できる人の条件があります。これは一定の年収があって確実な返済が見込める人であることが共通条件ですが、その具体的な目安になるのが勤続年数。

一般的には勤続3年(自営業の場合には営業3年)以上となっています。

最近転職したばかりの人はこの条件に抵触してしまいます。

ただし、同じ企業グループ内での出向などの場合には社内事情を考慮してもらえることがありますし、スカウト、ヘッドハンティングなどで年収がアップしている場合には3年以内でも可能になることがあるようです。

融資限度額は5,000万円から1億円とする金融機関が多く、担保評価額に対する融資割合は8割までというケースが多いのですが、借り換えの場合には担保評価額全額、あるいは担保評価額+1,000万円、担保評価額の200%、300%までOKのケースもあります。

現在、担保割れ状態に陥っている人でも、そうした金融機関なら借り換えが可能になるわけです。

金利タイプは変動金利型と固定金利選択型が中心ですが、金融機関によっては二段階固定金利型や全期間固定金利型を持っているところもあります。

商品ラインアップは金融機関によって異なるので、金利などの条件とともに、この点も事前に確認しておく必要があります。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP