住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
どんな金融機関への借り換えが可能なのか



借り換えはどの金融機関でも概ね可能です。

住宅金融公庫が民間と提携した「フラット35」は以前は借り換えに対応していませんでしたが、今はそれも可能になり、ほぼ全ての金融機関で借り換えは可能となっています。

たとえば、条件の悪いA銀行のローンを、より金利の低いB銀行のローンに借り換えることなどができます。

民間金融機関間での借り換えの場合には、まず同じ銀行内での借り換えを考えてみましょう。

公的融資から民間融資への借り換えにしても、民間融資間でも金融機関が変わる場合には、それまでの抵当権の抹消、新たな抵当権の設定や事務手数料、保証料などの各種の費用が必要になってきます。

1,000万円当たり20万円前後は必要になってしまいます。

ただ、変動金利型から固定金利選択型への切り換えなら同じ銀行内で可能でも、固定金利選択型の固定期間中は他の金利タイプへの切り換えは、同じ銀行内では認められないのがふつうです。

どの銀行のどの金利タイプへの借り換えが可能か、利用できそうな金融機関に当たってチェックしておきましょう。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP