住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
家計のリストラをさらに徹底する努力も



借り換えに当たって、いま一度家計を見直してみてはどうでしょうか。

実際、住宅金融支援機構の調査から、マイホームを買った人たちの購入前と購入後の家計の支出項目別の変化をみると、かなりの動きがみられます。

光熱費や通信費、教育費が増加する傾向が強いようです。

それを補うために、何を減らしているかといえば、被服費、教養・娯楽費、交通費・小遣いということになります。

著者が購入者に取材したなかには、ご主人の小遣いを3万円から5,000円に減らしたというすさまじいケースがありました。

そこまで極端ではなくても、家計の維持のためにお小遣いをはじめ、各種の支出項目を見直してみるいい機会になるかもしれません。

その点で注目しておきたいのが、各種の保険料です。

周知のように住宅ローンには通常は団体信用生命保険への加入が不可欠になります。多くの場合にはローンの金利に保険料が含まれているため、ローンを利用する人が別途保険料を負担する必要はないのですが、この団信保険に加入していれば、返済中にローンの名義人に万一のことがあっても、保険金でローン残高が相殺され、家族にはローン返済不要のマイホームが残されるわけです。

ですから、多数の生命保険に加入している人は、そのうちの一つを解約して家計の負担を減らす方法も考えられます。

また、リスク細分型で保険料の安い自動車保険などもあります。

その他の医療保険なども含めて各種の保険を見直してみれば、かなりの負担軽減を実現できるかもしれません。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP