住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
借り換えのときに家計をもう一度点検



借り換えによって返済額を減らすことができる場合には問題はないのですが、リスクを回避するために固定金利型へ借り換えることによって毎月の返済額が増えるケースもあります。

ローン破綻に陥らないようにするためには、それも止むを得ない選択になるわけですが、そうした場合には、当面の家計に影響がないかどうかを十分にチェックしておきましょう。

また、返済額が変わらない、あるいは減らせるという人でも、将来のライフステージの変化などによって家計構造が大きく変化する可能性があります。

そうした長期的な視点から住宅ローンの借り換えを考えてみる必要があります。

一般に、住宅ローンの年間返済額の年収に占める割合(返済負担率)は25%程度に抑えておくのが安心といわれています。銀行では年収400万円以上の人なら返済負担率35%までOKとするケースが多いのですが、たとえば年収500万円でその35%をローン返済に回すと、手元に残るのは325万円です。

しかも税金や社会保険料などの負担もあるのですから、これではかなり生活が厳しくなります。あくまでも25%程度を一つの目安にするのが無難です。そこで、年収別に返済負担率25%とした場合の返済額の上限をあげておきましたので、参考にしてください。



さらに、将来のライフステージの変化という点では教育費の支出が重要なポイントになります。「家計調査」によると40歳代の後半がピークで、30歳代後半から急速に増えてくる点を十分に考慮しておく必要があります。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP