住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
実行の前にもう一度頭のなかを整理



借り換えるにしても、買い換えるにしても、自分たちの将来の生活設計を明確にして、それに合わせて資金計画を立てることが大切です。

現在、将来の家計においてどこまでリスクを負うことができるのか、より安全性を重視したほうがいいのか、夫婦、家族でよく話し合って決めるようにしてください。

とにかくリスクのない資金計画にしたいというのなら、完全な固定金利型のなかからできるだけ金利の低いローンを見つけて実行するのが原則です。そのためには、若干金利が高くなるのは止むを得ないところです。

次に、リスクはできるだけ小さいほうがいいに決まっているが、金利の低さを重視したいという人は、固定金利選択型10年のなかで、できるだけ金利の低いローンを見つけるのがいいでしょう。

多少手間ヒマがかかってもいいというのなら、リスクのない固定金利型とリスクはあるが、金利の低い変動金利などを組み合わせて低金利メリットとリスク回避の融合を図る方法も考えられます。

返済にある程度の余裕があり、将来は多少返済額が増えるリスクを負えるという自信があって、いまの低金利メリットを最大限享受したい人は、変動金利型などの優遇金利をフルに活用するのが得策です。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP