住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
異なる金利タイプを組み合わせる借り換え



そう簡単に借り換え額を減らせないという人のほうが現実的には多いはずです。

そこで、一つの選択肢として考えられるのが、低金利メリットを享受しながら、あわせてある程度安全性も確保する借り換え術です。

金融機関のなかには、異なる二つの金利タイプのローンを組み合わせて利用できるところがあります。そうした金融機関で、より金利の低いローンを半分、金利は少し高いけれど安全性の高いローンを半分ずつ組み合わせて借り入れを行うわけです。

たとえば、当初10年間の金利が1.0%の固定金利型と固定金利選択型3年で年利0.5%のキャンペーン商品を組み合わせる手などが考えられます。

この場合、固定金利型だけで3,000万円借り入れると毎月返済額は約8万5千円になるのが、両者の組み合わせだと約8万1千円の返済額になります。リスクも安全性も半々ずつで、返済額もその聞に落ち着きます。

ただし、リスクが半分になっているとはいえ、そのリスクをできるだけ小さくする努力が欠かせません。年利0.5%のローンを組み合わせることで多少なりとも返済額が減る分はどんどん貯蓄を進めて、一定の額に到達した段階でリスクの高いこのタイプのローンからどんどん繰り上げ返済してください。それによってリスクは減少、安全性の比重を高めることができます。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP