住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
非課税制度の活用



親から援助を受けて借り換え額を減額、借り換え後の返済をラクにする方法の一つとして注目されるのが、「相続時精算課税制度」の有効活用です。

この制度には、親の年齢が65歳以上、子どもが20歳以上などの条件がありますが、贈与時の贈与税を2500万円まで非課税として、相続時に相続税と一体化して課税するというものです。

いわば相続の先取りの形になります。

親が平均年齢まで生きたとすれば、子どもの年齢も50歳程度になっているのが普通でしょう。子どもの側がほんとうにお金の必要な時期を過ぎています。

ほんとうに子どもの側がお金を必要とする時期に財産の移転を進めやすくして、資産の有効な活用を促進、あわせて経済の活性化にもつなげようという狙いで導入されました。

たとえば、この制度を利用すると、2500万円以下の贈与なら贈与税はゼロになります。

2500万円を超える部分は一律20%の税率ですから、3,000万円の贈与だと2,500万円を超えた部分の500万円に対する20%の100万円の贈与税になります。

ここで支払った税金は相続が発生したときの、相続税支払時に精算します。

相続税には3,000万円+法定相続人×600万円の基礎控除があります。

相続財産と生前に贈与した贈与財産の合計がこの基礎控除内に収まる場合には、相続税はゼロになり、贈与時に支払った100万円の贈与税は還付されます。

ただし、相続財産が多い場合には、還付はなくそれ以上の相続税がかかるのはいうまでもありません。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP