住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
親からの援助



借り換えのときに親に協力してもらえないでしょうか。親から援助を受けて、借り換え額を減らせれば、その後の返済が格段にラクになるはずです。

まずは親から借り入れる方法が考えられます。キチンと借用書を交わして、毎月銀行振込などの形で返済している証拠を残すことがポイントです。

その返済したお金を誰がどのように使っているのかまでは当局は捕捉できません。振込先の親名義の口座のカードを子どもが持っていたとしても、誰に分かるものではないでしょう。

もちろん、現実的に本人の返済能力の範囲を超えていることが明らかな場合には贈与ではないかと当局から指摘されかねませんが、借り換え後のローン返済額と親からの借入金の返済額の合計が、本人の年収からみて十分に返せる範囲であれば、問題になることはないと思います。

借入れではなく贈与を受けた場合には、贈与額が年間110万円を超えると、贈与税の対象になります。これは、親子間の贈与であっても変わりません。

たとえば、500万円の贈与を受けたときには53万円の贈与税負担が発生します。

500万円貰っても、実際に自己資金に充てることができるのは450万円ほどに減ってしまうわけです。

この贈与税負担を軽減するためには、「相続時精算課税制度」を利用するようにしてください。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP