住宅ローン借り換えの基礎知識

マイホームの購入も住宅ローンの借入も一生に一度のことなら、住宅ローンの借り換えも一生に一度のイベント、ということかもしれません。失敗が許されない一方で、「誰もが初心者」というなかなかプレッシャーのかかる状況です。そんな皆さんの借り換えがうまく行くように、こちらのページでは住宅ローン借り換えの基礎知識をご案内します。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら 

住宅ローン借り換えの基礎知識
住宅ローン借り換えに必要な書類



借り換えにはさまざまな書類が必要になります。

もちろん、金融機関で用意してくれる契約書や団体信用生命保険の契約書、火災保険の契約書などの作成も必要ですが、そのほか本人が用意しなければならない書類も少なくありません。

大きくは本人関係の書類と、物件関係の書類に分けられます。

本人関係では、所得を証明する書類が必要です。

会社員なら勤務先が発行する源泉徴収票や市町村役場の所得証明書、自営業者なら税務署が発行する納税証明書などになります。

これに、印鑑証明書、住民票の写しなども必要です。

いずれも市町村役場で入手できるものです。

さらに契約日には運転免許証、パスポートなどの本人の顔写真のついた証明書類の提示を求められるのがふつうです。

健康保険証でもOKというところもありますが、顔写真が不可欠な場合で、運転免許証を所有していない人は早めにパスポートなどの手配をしておいたほうがいいかもしれません。

次に物件関係では、登記簿謄本などを登記所で手配します。

一戸建ての場合には土地の公図が必要になることもあります。

さらに、購入時の売買契約書や注文住宅の場合の建築請負契約書も欠かせません。

土地が借地の場合には、地主の印鑑証明書や借地に関する念書などを求められるので注意が必要です。役所で入手するのにさほど時聞がかかるわけではないので、日にちを決めて速攻で集めるようにするのがいいでしょう。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利比較はこちら

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン借り換え金利比較ランキング
住宅ローン借り換えの基礎知識

PAGE TOP